ISS ESGとQontigo、「ISS STOXX生物多様性インデックス」をリリース

5月22日、議決権行使助言世界大手米ISSのESG評価部門であるISS ESGと、ドイツ証券取引所グループ傘下の機関投資家向けサービスプロバイダーQontigoは、国連の「国際生物多様性の日」を記念して、「ISS STOXX Biodiversity Index」を発表した。

本インデックスは、顧客がポートフォリオを生物多様性への影響削減目標に整合させるのに役立つ。本インデックスのすべてのインデックスは、生物多様性に重大な害を与えていると評価された活動や、生物多様性のフットプリントを削減していると評価された活動に関与している企業を除外する。また、水面下の生命や陸上の生命など、生物多様性志向のSDGsとの整合性も強化される。同時に、含まれる構成要素全体で炭素強度を少なくとも30%削減することも目標としている。

同インデックスシリーズに加え、サブインデックスとして「ISS STOXX Biodiversity Leader Index」も含まれている。本インデックスは、SDGsにネットポジティブに貢献するとみなされる活動から少なくとも20%の収益を得ている企業のみで構成される。これらの活動には、海洋生態系の保全や持続可能な農業・林業などが含まれる。

各インデックスシリーズは、ISS ESGの広範なデータセットを基に構築されたきめ細かなインデックス構築手法と、回避、最小化、有効化の3つのアプローチに基づいてインデックス構成銘柄を選定するフレームワークを採用している。本フレームワークは単純な除外基準を超えて、生物多様性への負の影響が少ない企業や、COP15の目標に沿った、地球の生物多様性を積極的に可能にする企業を積極的にスクリーニングしている。

【参照ページ】
(原文)ISS ESG and Qontigo Launch ISS STOXX Biodiversity Index Suite
(日本語訳)ISS ESGとQontigo、「ISS STOXX生物多様性インデックス」をリリース

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る