Etsy、約39億円のインパクト投資ファンドを立ち上げ

Etsy、約39兆円のインパクト投資ファンドを立ち上げ

3月29日、ハンドメイドクラフトマーケットプレイスのEtsyは、経済的エンパワーメントとサステナビリティを目的としたインパクト投資に3,000万ドル(約39億円)を割り当てる「Etsy Impact Investment Fund」を立ち上げたことを発表した。

インパクト投資プラットフォームであるImpactAssets Capital Partnersとの提携により設立された同ファンドの最初の割当先には、低所得者や限界集落に住む意欲的な女性経営者に資本、トレーニング、サポートを提供する組織であるGrameen Americaや、再生可能エネルギー投資会社Greenbacker Capital Managementが含まれている。

新しいインパクトファンドの発表は、Etsyが2021年に立ち上げたEtsy Uplift Fundに続くもの。起業への障壁を下げ、経済的に権利を奪われたコミュニティの機会を創出するために活動する非営利団体を支援するために設立された。

インパクトファンドの立ち上げと同時に、Etsyはアップリフト・ファンドの新たなパートナーシップを発表した。Grameen Americaとは、起業家にデジタルビジネス教育のトレーニングと金融サービスを提供し、AltCapはカンザス・ミズーリ・テキサスのアーティストやクリエイティブ起業家にマイクロローンを提供、Hello Aliceとグローバルアントレプレナーシップネットワーク (GEN) とは新たに小規模事業助成プログラムのパートナーシップを結ぶことになった。

【参照ページ】
(原文)Deepening Etsy’s Commitment to the Creative Economy
(日本語訳)Etsyのクリエイティブエコノミーへのコミットメントを深める

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る