Estée Lauder、2030年までに社用車を100%EVへ移行

 

8月9日、プレステージ化粧品会社であるEstée Lauder Companies (ELC) は、2030年までに全世界の社有車を100%EVに移行させるという新たなコミットメントを発表した。同社はまた、EVへの移行を約束する企業を集めたイニシアティブであるクライメート・グループの「EV100」にも参加している。

2020年、ELCは、Scope 1と2の事業活動による温室効果ガス(GHG)排出量を2030年までに50%削減する(2018年基準)というSBTi(Science Based Targets initiative)承認の公約や、購入品とサービス・上流の輸送と流通・出張によるScope 3のGHG排出量を同期間に単位売上あたり60%削減するなどの一連の気候目標を明らかにした。

また、2020年には、直接事業におけるネット・ゼロ・エミッションと100%再生可能エネルギーの電力調達をグローバルで達成した。

同社は、新しいEVの目標が、事業活動における最も重要な排出源のひとつに取り組む助けとなり、「同社のScope 1のGHG排出量の削減に大きく貢献する」と述べています。

ELCは、自社の保有車両を移行するコミットメントに加え、カナダやスイスなどの地域で、ディーゼルトラックからEVへの地域輸送車両の移行を開始するなど、第三者パートナーやサプライヤーと連携した輸送・流通活動による Scope 3排出をターゲットとしたアクションについても議論した。また、従業員がEVに乗り換えることができるよう、世界中のいくつかの自社施設にEV充電ステーションを設置するなど、電化インフラへの投資も行っている。

【参照ページ】
(原文)The Estée Lauder Companies Announces 2030 Global Electric Vehicles Goal
(日本語訳)Estée Lauder、2030年までに車両を100%EVへ移行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る