Amundi、ESG ETFを新たに2本設定し、サステナブル投資の幅を拡大

4月7日、欧州の大手資産運用会社Amundiは、「Amundi Global AGG SRI – UCITS ETF DR」と「Amundi MSCI AC Far East Ex Japan ESG Leaders Select – UCITS ETF DR」という2つの新しい ESG ETF の開始を発表した。

Amundi Global AGG SRI は、幅広い債券市場へのエクスポージャーを提供する持続可能な投資ツールとして設計された「Bloomberg MSCI Global Aggregate 500MM ex Securitized Sustainable SRI Sector Neutral Index」に連動する予定だ。

Amundi MSCI AC Far East Ex Japan ESG Leaders Selectは、中国、台湾、香港、韓国、シンガポールを含む先進国および新興国市場の大型および中型株のパフォーマンスを追跡するMSCI AC Far East ex Japan ESG Leaders Select 5% Issuer Capped Indexを追跡し、セクター同業者に対して高いESGパフォーマンスを持つ企業へのエクスポージャーを提供することを目指す。

Amundiは、今月初めにコア株式ETFの2銘柄を同等のESGエクスポージャーに移行し、最近では、約1兆6700億円のESG ETF群をパリ協定ベンチマークに連動させるなど、ESG投資の範囲を継続的に拡大・強化している。Amundiは昨年、「ESGプラン2025」を発表し、投資商品におけるESGファンドの比率を高めるという目標を掲げた。 Amundiによると、本取り組みは、気候、社会的結束、農業・農産物の移行という主要な優先事項に焦点を当てたグループのソーシャルプロジェクトの一部を構成している。

【参照ページ】
(原文)Amundi expands its ESG ETF range with two equity exposures
(日本語訳)アムンディ、2つのエクイティエクスポージャーでESGETFの範囲を拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る