日本郵船、LNG燃料の自動車運搬船建造へ

日本郵船は国内造船会社2社と覚書を交わし、2025年以降に向け、LNG(液化天然ガス)を燃料とする自動車運搬船12隻を新たに建造することになった。海運会社として世界最多のLNG自動車運搬船を保有することを目指す。

LNG燃料は従来の重油燃料と比べて、二酸化炭素の排出量を約40%減らせるとしていて、2050年までに会社全体の排出量を2015年の半分に減らしたい考えだ。

日本郵船株式会社の長澤仁志社長は6月15日、会見で「事業者として努力を怠ってはならない。環境に優しい船の開発に少しでも役に立ちたい」と述べた。

【参照ページ】日本郵船 脱炭素に向け LNG燃料の自動車運搬船建造へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る