Enel社、脱炭素発電の設備投資計画を強化、石炭・ガスの撤退時期を設定

Enel社、脱炭素発電の設備投資計画を強化、石炭・ガスの撤退時期を設定

欧州最大の電力会社であるEnel(以下、エネル)は、2030年戦略計画の更新を発表し、残りの10年間で計画されている資本支出を大幅に増加させ、脱炭素電力の供給を拡大することを明らかにした。またエネル社は、直接排出と間接排出の両方を含むネット・ゼロ・コミットメントを10年前倒しして2040年に達成することを発表した。

同社は、今回のネット・ゼロの前倒し計画では、炭素除去技術や自然を利用した解決策などの相殺策には頼らないとしている。エネル社は、2027年までに石炭火力発電、2040年までにガス火力発電から撤退し、2040年までにガス小売事業からも撤退する計画を発表した。さらに、2040年までに販売するすべての電力を再生可能エネルギーで賄うことを目指していく。

エネル社は、2021年から2030年の間に2,100億ユーロを動員することを想定しており、そのうち1,700億ユーロは自社による直接投資で、残りの1,500億ユーロは第三者を介したものだ。昨年の計画では、1,900億ユーロの動員と1,500億ユーロの直接投資を見込んでいたが、今回の計画では、その額が大幅に増加している。

最新の戦略計画では、エネル社は2021年から2030年の間に2,100億ユーロを動員することを想定しており、そのうち1,700億ユーロはエネル社による直接投資で、残りは第三者を通じて触媒となるものだ。昨年の計画では、1,900億ユーロを動員し、1,500億ユーロを直接投資するとしていたが、今回の計画では大幅に増加している。

全体として、エネル社は、2030年までに、顧客のエネルギー支出を最大40%削減し、CO2排出量を最大80%削減することを見込んでいる。

最新の計画では、2030年までに再生可能エネルギーの総容量を2020年の3倍以上の1億5,400万kWに拡大し、そのうち約700億ユーロをエネル社が事業を展開している国の再生可能エネルギーに充てることを見込んでいる。さらに700億ユーロは、規模、品質、効率、回復力を向上させるためのインフラおよびネットワークへの投資を目標としている。

【参照ページ】
(原文)Enel, the road to 2030 in the 2022–2024 Strategic Plan: powering investments towards zero emissions with focus on the electrification of customer energy demand
(日本語訳)Enel社、脱炭素発電の設備投資計画を強化、石炭・ガスの撤退時期を設定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る