3M、Water Resilience Coalitionに参加表明

3M、Water Resilience Coalitionに参加表明

8月16日、化学世界大手米3Mは、国連グローバル・コンパクトの水レジリエンス・イニシアチブ「Water Resilience Coalition」(WRC)に参加すると発表した。

WRCのリーダーシップ・コミッティーに参加し、国連グローバル・コンパクトの「CEO Water Mandate」を支持することで、3Mは世界の淡水資源を保護し、水への影響をネットポジティブにすることに努めるとし、2030年までに水の使用量を25%削減するという3M社の2021年2月の公約を推進するもので、2025年までに20%、2022年までに10%という中間目標を設定し、2025年までに10%の削減を達成するという従来の目標を加速させる狙いだ。

【関連記事】
Facebook、水の回復プロジェクトに投資、2030年までのウォーター・ポジティブにコミット
ペプシコ、2030年までに水のネット・ポジティブ化と数百万人への水の供給を目指す


ウォーターエイド、Vivid Economics社と連携し、水・衛生の改善により回避可能な経済損失について調査実施

【参照ページ】
(原文)3M joins Water Resilience Coalition, CEO Water Mandate
(日本語訳)3M、ウォーター・レジリエンス・コアリションに参加

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る