コストコ、エンゲージメントを受けプラスチック削減計画にコミット

10月10日、環境と社会に焦点を当てた投資家グリーンセンチュリーによると、世界小売大手のコストコは、プラスチックフットプリントに関する新たな情報開示とプラスチック削減行動計画の公表を約束した。

グリーンセンチュリーは、コストコのプラスチック削減努力の範囲と規模を拡大する方法を探ることを目的とした同社との話し合いに続き、新たな約束をしたと述べた。

本合意は、2022年11月にグリーンセンチュリーが発表した、コストコの年次総会で投資家から提出された気候変動に関する提案が成功したことを受け、スコープ3の総排出量開示、2023年にスコープ3の目標設定における誓約を受けたもの。その後、コストコは最新の気候行動計画を発表し、スコープ3排出量がカーボンフットプリントの98%以上を占めていることを明らかにした。

新契約では、コストコは2024年7月に、自社ブランドであるカークランド・シグネチャーのプラスチックフットプリントの総計や、プラスチック包装に含まれるリサイクル素材の総割合を含む詳細を開示する。コストコはまた、2024年12月に5年間の行動計画を発表し、カークランドシグネチャー包装のプラスチック総量を削減するための計画的なステップを概説し、計画の各年の進捗状況を報告することを約束した。

グリーンセンチュリーは、本コミットメントを歓迎する一方で、コストコが使い捨てプラスチックにさらされている現状に対処するために、さらに取り組むべきことがあると付け加えた。グリーンセンチュリーは2023年初め、他の180以上の資産運用会社とともに、使い捨てプラスチック包装の即時削減、再利用可能なシステムの拡大、有害化学物質の段階的廃止、責任あるプラスチック法制の提唱を企業に求める声明に署名した。

【参照ページ】
(原文)Costco Commits To Plastic Reduction Plan Following Shareholder Engagement
(日本語参考訳)コストコ、エンゲージメントを受けプラスチック削減計画にコミット

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る