コストコ、エンゲージメントを受けプラスチック削減計画にコミット

10月10日、環境と社会に焦点を当てた投資家グリーンセンチュリーによると、世界小売大手のコストコは、プラスチックフットプリントに関する新たな情報開示とプラスチック削減行動計画の公表を約束した。

グリーンセンチュリーは、コストコのプラスチック削減努力の範囲と規模を拡大する方法を探ることを目的とした同社との話し合いに続き、新たな約束をしたと述べた。

本合意は、2022年11月にグリーンセンチュリーが発表した、コストコの年次総会で投資家から提出された気候変動に関する提案が成功したことを受け、スコープ3の総排出量開示、2023年にスコープ3の目標設定における誓約を受けたもの。その後、コストコは最新の気候行動計画を発表し、スコープ3排出量がカーボンフットプリントの98%以上を占めていることを明らかにした。

新契約では、コストコは2024年7月に、自社ブランドであるカークランド・シグネチャーのプラスチックフットプリントの総計や、プラスチック包装に含まれるリサイクル素材の総割合を含む詳細を開示する。コストコはまた、2024年12月に5年間の行動計画を発表し、カークランドシグネチャー包装のプラスチック総量を削減するための計画的なステップを概説し、計画の各年の進捗状況を報告することを約束した。

グリーンセンチュリーは、本コミットメントを歓迎する一方で、コストコが使い捨てプラスチックにさらされている現状に対処するために、さらに取り組むべきことがあると付け加えた。グリーンセンチュリーは2023年初め、他の180以上の資産運用会社とともに、使い捨てプラスチック包装の即時削減、再利用可能なシステムの拡大、有害化学物質の段階的廃止、責任あるプラスチック法制の提唱を企業に求める声明に署名した。

【参照ページ】
(原文)Costco Commits To Plastic Reduction Plan Following Shareholder Engagement
(日本語参考訳)コストコ、エンゲージメントを受けプラスチック削減計画にコミット

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る