State Street、急成長する炭素市場における投資家向けサービスを開始

State Street、急成長する炭素市場向け投資家向けサービスを開始

5月8日、世界有数の機関投資家向け金融サービスプロバイダーであるState Streetは、資産運用会社やオーナーがクレジットや排出権などの炭素関連資産をポートフォリオに統合し、炭素資産の取引や管理を容易にすることを目的とした新ソリューション「State Street カーボンアセットサービシングソリューション」を発表した。

State Streetによれば、昨年は約12.5ギガトンの排出権が取引され、2021年から2030年にかけて炭素クレジットの需要が15倍になると業界で予測されるなど、炭素関連資産の市場が急成長する中で、これまでバラバラのコンポーネントやマニュアルシステムで成り立っていた炭素取引に関するガバナンスや市場インフラの整備に向けて、世界的に取り組みが強化されていることが新ソリューションの背景となっている。

新ソリューションには、炭素資産のファンド管理および預託サービスが含まれ、記録管理、基準価額計算から報告書作成、その他の監視機能まで、幅広いサービスを提供する。

【参照ページ】
(原文)State Street Launches Global Carbon Asset Servicing Solution
(日本語訳)ステート・ストリート、グローバル・カーボン・アセット・サービシング・ソリューションの提供を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る