NGFS、気候シナリオの開発深化に向け、幅広い関係者から意見募集

 

2月6日、中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は、気候ストレステスト等で今後用いる気候シナリオに関する初のユーザーフィードバック調査を開始したと発表した。

NGFSは、春に調査の主要な結果を公表する予定である。これは、シナリオ開発作業計画への重要なインプットとなる。2019年、NGFSは気候関連リスクについて政策立案者に助言し、潜在的な解決策を特定するために、気候シナリオ開発を開始した。

2020年以降、NGFSのシナリオは世界中の探索的演習で基本的な役割を果たし、中央銀行や監督当局の政策決定を支援するとともに、増加する民間セクターの関係者の戦略を後押ししている。今回のユーザーフィードバック調査の開始は、NGFSシナリオが将来にわたってグローバルな公共財であり続けるためのもう一つのステップである。

【参照ページ】
(原文)NGFS seeks public feedback on climate scenarios
(日本語参考訳)NGFSが気候変動シナリオに関するパブリックフィードバックを募集

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る