英国高等法院、政府に対しネット・ゼロ目標達成計画の詳細提示を命じる

7月22日、英国高等法院は、英国政府はネット・ゼロ・エミッションを達成するための戦略に関して十分な詳細を提供できていないとの判決を下し、来年初めにより詳細な計画を公表することを命じた。

英国政府のビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)は2021年10月にネット・ゼロ戦略を発表した。本戦略は、2019年の改正気候変動法の下で定められた要件である、2050年までにネット・ゼロ・エミッションを達成するという約束を実現する計画の説明を目的としていた。同法の一環として、政府のBEIS担当国務長官には、2050年の目標達成に向けた5年間の「炭素予算」提示が義務付けられている。

環境保護団体Friends of the Earth、ClientEarth、Good Law Projectが提起した訴訟によると、政府の戦略には気候目標の達成方法に関する重要な詳細が欠けているという。特に、炭素予算達成に向けた各政策の定量的な貢献度が欠けていると主張している。

裁判所は、BEISが提示した戦略には、「個々の政策の定量的効果」を含む重要な要素が欠けているとした。また、最新の炭素予算で明らかになった目標達成に向けた5%の不足を補うために戦略が依拠する政策の定性的詳細についても言及して、団体の主張を支持した。

今回の判決の一環として、BEISは、2023年3月末までに新たな報告書を公表するよう命じられた。本報告書には、炭素予算を達成するための提案と政策が示されており、時間軸や政策が経済のさまざまなセクターにどのような影響を与えるかといった詳細が記載されている。

【参照ページ】
(原文)Court orders UK government to explain how net zero policies will reach targets
(日本語訳)英国高等法院、政府に対しネット・ゼロ目標達成計画の詳細提示を命じる

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る