ERM、英国の海洋環境コンサルティング会社MarineSpaceを買収

7月6日、サステナビリティアドバイザリーのERMは、海洋計画・環境コンサルタント会社であるMarineSpaceを買収したと発表した。

2006年に設立されたMarineSpaceは、英国を拠点に、様々な沿岸・海洋産業に対して戦略的・技術的アドバイスを提供し、クライアントが責任を持って効率的かつ成功裏に開発を行えるように支援している。サービス内容および能力は、海洋開発プロジェクトのためのフィージビリティ、サイト選定、同意、許可、管理サービス、地質学的、地球物理学的、生態学的調査、海洋開発および計画、データ管理および解釈、海洋考古学および海洋工学を含んでいる。

ERMによると、MarineSpaceの英国に拠点を置く海洋科学者と開発コンサルタントのチームは、MarineSpaceが世界中の海洋開発業者にコンサルティングとサービスを提供するための専門知識を提供し、オフショア再生可能エネルギープロジェクトのライフサイクルを全面的に支援するとのことだ。

本買収は、ERMが過去数カ月間に行ったコンサルティングおよびアドバイザリー業務の買収に続くものであり、エネルギー専門コンサルティングおよび低炭素技術ソリューションのElement Energy、オランダの持続可能性コンサルティング会社Sustainalize、エネルギーおよび持続可能性戦略のコンサルティング会社E4tech、再生可能エネルギーアドバイザリーのRenewables Consulting Group(RCG)、カナダの持続可能性およびESGアドバイザリー会社Stratos、気候変動と持続可能性のコンサルタント会社Point Advisoryなどが含まれている。

【参照ページ】
(原文)ERM acquires MarineSpace to strengthen global capabilities across the renewables project lifecycle
(日本語訳)ERM、英国の海洋環境コンサルティング会社MarineSpaceを買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る