Bloomberg、自社ターミナル上でSustainalyticsのESGリサーチと格付けを提供

 

10月19日、ビジネスおよび金融市場の情報サービスプロバイダーであるブルームバーグは、Sustainalytics社のESGリサーチおよび格付けをブルームバーグ・ターミナルで提供することを発表した。

Sustainalyticsは、投資家向けESGリサーチ、格付け、データ提供のリーディングカンパニーである。同社のESGリスク・レーティングは、投資家がESGに関する重要な知見を証券の選択、ポートフォリオ管理活動、ESGインテグレーション、エンゲージメントや投票活動に活用できるようにすることを目的としている。

SustainalyticsのControversies Researchの約18,000社のレポートとデータもターミナルで利用でき、投資家がESG関連の事件に巻き込まれた企業を特定するのに役立つ。また、ブルームバーグ・ターミナルの購読者は、同社の「Controversial Weapons Radar Research」にアクセスすることができ、企業の兵器への関与を確認することができる。

SustainalyticsのESGリサーチと格付けの提供は、ブルームバーグが同社サービスのユーザー向けに提供しているESGツール群に追加されるもので、ESGニュースやリサーチコンテンツ、ESGインデックス、ESGに関する投資家向けに特別に構築された分析・調査ワークフローなどが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg to Offer Sustainalytics’ ESG Research and Ratings on the Bloomberg Terminal
(日本語訳)Bloomberg、自社ターミナル上でSustainalyticsのESGリサーチと格付けを提供

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る