Carrier、顧客の排出量を6,800万トン削減し役員報酬とESG目標を連動

Carrier

サステナブルな建築・冷蔵ソリューション企業であるCarrierは、8月12日、2021年のESGレポートを発表した。このレポートには、今世紀の地球温暖化を抑制するためのパリ協定の目標に沿って、科学的根拠に基づく排出削減目標を設定するという同社のコミットメントが含まれている。

また、この報告書では、2021年の役員報酬を、ダイバーシティ目標を含むESG目標に対する進捗状況と連動させることを表明した。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る