ノルウェー銀行、トーレセン・タイ・エージェンシーズのダイベストメント指定を解除

10月3日、ノルウェー公的年金基金GPFGの運用を担うノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)の執行理事会は、タイ海運大手トーレセン・タイ・エージェンシーズPCLを投資除外(ダイベストメント)指定から解除することを決定した。

同社は、労働条件が極めて劣悪なバングラデシュでの船舶解体作業を理由に、2018年以来NBIMの投資対象から除外されてきた。同社はその後、バングラデシュに廃船を送る慣行を辞めた。したがって排除の根拠はもはや存在しないとして、今回のダイベストメント解除が決定した。この決定は、2023年5月12日の倫理評議会の勧告に基づいている。

理事会はまた、ヒュンダイ・グロービスに対する監視を打ち切ることも決定した。同社は2022年、労働条件の極めて悪いパキスタンとバングラデシュでの船舶解体作業を理由に、観察対象となっていた。同社は責任を持って廃船を処理するための新たな方針を定め、監視の根拠はなくなった。この決定は、2023年5月12日の倫理評議会の勧告に基づいている。

ノルウェー銀行の理事会は、勧告に含まれるすべての側面を独自に評価したわけではないが、ガイドラインに基づき、除外および監視の基準が満たされていることが十分に立証されていると判断している。

【参照ページ】
(原文)Decisions on observation and exclusion
(日本語参考訳)ノルウェー銀行、トーレセン・タイ・エージェンシーズの投資除外指定を解除

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る