Schneider Electric、中小企業向けの脱炭素化ソリューションを発表

Schneider Electricが中小企業向けの脱炭素化ソリューションを発表

4月13日、エネルギーおよび自動化のデジタルソリューションプロバイダーであるSchneider Electricは、企業の気候変動対策の簡素化および加速を目的としたソフトウェア・ソリューション・スイートであるZeigoの発売を発表した。

新しいエコシステムには、Schneider Electricがあらゆる規模の組織を対象に現在提供している既存のデジタルソリューションが含まれる。また、特に中小企業を対象として新たに開始された Zeigo Activateも含まれる。

Schneider Electricによると、新しいソリューションは、中小企業がますます脱炭素化への圧力に直面している中で生まれた。これは、新たなグローバルな規制とコンプライアンスの義務、および自社のスコープ3サプライチェーンの排出量に対処しようとしている顧客によるものである。

Zeigo Activateは、中小企業が気候への影響を追跡して削減できるようにすることを目的としている。これには、排出基準の測定、削減目標の設定、カスタマイズされた脱炭素化ロードマップの作成、および地域に合わせたソリューション プロバイダー マーケットプレイスを含む気候行動のためのツールへのアクセスを支援する機能が含まれている。

Zeigo エコシステムには、Schneider Electric の NEO Network (Zeigo Network として改称) を通じて企業を教育リソースやクリーンテック プロジェクトに接続するツールや、同社が昨年買収した再生可能エネルギー プラットフォームである Zeigo Power (以前の Zeigo) を通じてクリーン エネルギーを購入するツールも含まれている。

【参照ページ】
(原文)Meet Zeigo™, Schneider Electric’s Innovative Suite of SaaS Sustainability Solutions to Drive Decarbonization
(日本語訳)シュナイダーエレクトリックの革新的な SaaS サステナビリティ ソリューション スイートである Zeigo™ を紹介し、脱炭素化を推進します

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る