テーマ型ETFプロバイダー「Rize」が「最も環境に影響を与えた100社」を対象としたファンドを発表

ETF provider Rize

7月23日、欧州のテーマ型ETF発行会社であるRize ETFは、気候変動や環境問題の解決に取り組む企業へのエクスポージャーを提供することを目的とした新しいファンド、Rize Environmental Impact 100 UCITS ETF (LIFE)を発表した。

この新しいETFは、クリーンウォーター、電気自動車、再生可能エネルギー、水素、エネルギー効率、廃棄物などの分野で最も影響力のある100社を対象としており、


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-25

    Workivaのサーベイ:自社のESGデータを7割以上の経営幹部が信頼をしていない

    6月23日、ビジネスデータ・報告ソリューションプロバイダーのWorkivaが発表した新しい調査によ…
  2. 資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    2022-6-25

    資産運用会社Oaktree、ポートフォリオのGHG排出量を測定・報告することを約束

    6月22日、オルタナティブ投資に特化したグローバルな資産運用会社であるOaktree(オークツリー…
  3. 2022-6-25

    Brookfield、過去最大のネット・ゼロ移行ファンドで約2兆円を調達

    6月22日、グローバルなオルタナティブ資産投資家であるBrookfield(ブルックフィールド・ア…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る