クリーンエネルギー企業C‐Zero、45億円超の資金調達。

 

6月16日、クリーンエネルギー企業のC‐Zero(シー・ゼロ)は、天然ガスからゼロエミッションの水素を製造する技術を活用した初の天然ガス脱炭素化パイロットプラントを建設するため、3,400万ドル(約45億7,850万円)の資金調達を行ったと発表した。

本ラウンドは、韓国第2位のコングロマリットであるSKグループの子会社であるSKガスが主導した。その他の新規投資家には、Engie New Ventures、商品取引会社のTrafiguraが含まれ、既存投資家のBreakthrough Energy Ventures、Eni Next、三菱重工業、AP Venturesが参加している。

カリフォルニアに拠点を置くシー・ゼロは、天然ガスの主要分子であるメタンを高温で分解し、水素と固形炭素にする。分解された水素は、アンモニア生産、発電、プロセス熱、燃料電池車など、さまざまな産業の脱炭素化に利用できる。

本資金調達で得た資金は、同社初のプラントの建設に充てられる。本プラントは、天然ガスから1日当たり最大400kgの水素を製造することができ、CO2排出量もゼロになると予想されている。パイロットプラントは、2023年の第1四半期に稼働する予定である。

【参照ページ】
(原文)C-Zero Closes $34 Million Financing Round Led by SK Gas to Build Pilot Natural Gas Decarbonization Plant
(日本語訳)C‐Zero、排出ガスゼロの水素プラントの試験運用に向け、45億円超の資金調達を実施

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る