経産省、「カーボンフットプリントレポート」及び「カーボンフットプリントガイドライン」を公表

 

3月31日、経済産業省は、「サプライチェーン全体でのカーボンニュートラルに向けたカーボンフットプリントの算定・検証等に関する検討会」を開催し、カーボンフットプリントを巡る状況と今後の方向性、及び算定・検証に関する指針について取りまとめた。

「サプライチェーン全体でのカーボンニュートラルに向けたカーボンフットプリントの算定・検証等に関する検討会」では、カーボンニュートラル実現のためのサプライチェーン全体での排出削減に向けて、グリーン製品が選択されるような市場を創出し、我が国の成長に繋げていくことを目的に、2022年9月から2023年1月までに計4回の議論を行い、

  1. 国内外のカーボンフットプリントを巡る状況を整理するとともに、そうした状況を踏まえて、我が国企業のサプライチェーン全体での排出削減と製品・産業の競争力強化の観点から、参照すべきルールを考察するとともに、カーボンフットプリントに関連する政策対応の方向性を明示するレポート・・・「カーボンフットプリント レポート」
  2. カーボンフットプリントの算定及び検証について、上記の観点から具体的に必要と考えられる事項・枠組について整理し、それを満たすことで一定の確からしさを担保することができるガイドライン・・・「カーボンフットプリント ガイドライン」

の2点について、検討を進めてきた。「レポート」及び「ガイドライン」は、令和5年2月16日(木)から令和5年3月2日(木)にパブリックコメントを実施した上で、検討会で書面審議を行った。なお、「レポート」については、検討会でとりまとめて公表し、「ガイドライン」については、経済産業省及び環境省の連名として公表する。

レポートでは、以下の3点について、整理している。

  1. CFP とは何か
  2. CFP の取組の現状と課題、今後の方向性
  3. 今後に向けた政策の論点

ガイドラインでは、以下の構成で、カーボンフットプリントの算定等に取り組む者に対する指針を示している。

第1部 基本的な考え方、カーボンフットプリントの意義・目的
第2部 カーボンフットプリントに関する取組指針(別冊)実践ガイド

【参照ページ】
「カーボンフットプリントレポート」及び「カーボンフットプリントガイドライン」を取りまとめました

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る