MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社、2050 年ネットゼロの実現に向けた取組みを発表

msad

6月25日、MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社(取締役社長 グループCEO:原 典之)
は、2050 年度までにCO2排出量を実質ゼロ(ネットゼロ)とする目標を達成するための取り組みを発表した。

同社は、SDGsを道しるべに「レジリエントでサステナブルな社会」を目指し、社会との共通価値の創造(CSV:Creating Shared Value)に取り組んおり、本取組の一環として、気候変動への対応を進めている。
具体的な取り組みとして

  • 新設の石炭火力発電所に係る保険引受と投融資の停止
  • 再生可能エネルギーの普及・拡大を支援
  • 「グリーン電力証書」の安定供給を支援する保険の販売
  • 「水素バリューチェーン推進協議会」への参画
  • 自治体の「ゼロカーボンシティの取組み」の支援

などを掲げている

【参照ページ】2050 年ネットゼロの実現に向けた取組み(その2)

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る