韓国大手鉄鋼メーカーPOSCO、国内最高額のグリーンボンド発行

韓国大手鉄鋼メーカーPOSCO、国内最高額グリーンボンド交換社債発行

大韓民国の大手鉄鋼メーカーPOSCOは13日、環境に配慮し関連の国内外の投資資金調達などESG経営強化のために、11億ユーロ(約1.5兆ウォン)規模のグリーンボンド交換社債を発行した。この金額は、これまで韓国企業が自社株を活用して発行した交換社債のうち最大となる。POSCOが保有している自社株がグリーンボンド交換社債の交換対象となっており、現在の株価の45%のプレミアムがつく価格に策定された。

同社は今回のグリーンボンド交換社債発行で確保した資金を、2次電池、水素事業など、新成長動力の確保のための投資に使用し、ESG経営を強化する計画だ。

【参照ページ】
(原文)포스코, 국내최초 11억 유로 규모 그린본드 교환사채 발행
(日本語訳)韓国大手鉄鋼メーカーPOSCO、国内最高額グリーンボンド交換社債発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る