Andes、農場の炭素除去ソリューションで約39億円の資金を調達

Andes、農場の土壌から炭素を除去するために約39億円の資金を調達

3月17日、気候技術ソリューションの新興企業であるAndesは、微生物ベースの炭素除去ソリューションの拡大と炭素除去クレジットの商業化を目的として、3,000万ドル(約39億円)のシリーズA資金調達ラウンドを完了したことを発表した。

カリフォルニア州アラメダを拠点とするAndesは、微生物を使って大気中の二酸化炭素を永久に除去する技術を開発している。トウモロコシや小麦などの農作物の種とともに微生物を土壌に加えることで、大気中の二酸化炭素を捕捉して土壌に永久に取り込むことが可能。土壌サンプリングによって効果を測定し、炭素除去クレジットを生成する。

Andesによると、同社の炭素除去プログラムに登録することで、農家は最大で25%の事業純益を上げることができるという。本技術は25,000エーカーに導入され、現在までに50,000トン以上のCO2を大気から除去している。

同社は、今回の資金調達により、あらゆる規模の組織への炭素除去クレジットの提供、農家とのパートナーシップの拡大、微生物技術の開発の継続が可能になるとしている。

現在までにAndesは3800万ドル(約50億円)を調達しており、Voyager VC、Yamaha Motor Ventures、Leaps by Bayer、Cavallo Ventures、KdT Ventures、Venturance、Germin8、Accelr8などの投資家が名を連ねている。

【参考ページ】
(原文)Andes Completes $30 Million Series A Funding For Carbon Removal Technology
(日本語参考訳)アンデス、炭素除去技術で3,000万ドルのシリーズA資金調達を完了

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る