VolkswagenとEnel Xが提携し、イタリア全土でEV充電ネットワークを開始

Volkswagen Enel

自動車大手のVolkswagenと、エネルギー会社Enel Groupの先進エネルギーサービス部門であるEnel Xは、イタリア全土での電気自動車用高出力充電ネットワークの開発・運営を目的とした新たな合弁会社、チャージング・ポイント・オペレーター(CPO)の設立を発表した。

CPOは、2021年から2025年にかけて、最大350kWの高出力充電(HPC)ポイントを3,000カ所以上所有・運営する予定で、投資と展開を行う。このEV充電ネットワークは、


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る