ドイツ、システムクリティカルなエネルギー供給元としてUniperを保護

7月22日、ドイツ連邦政府は、ロシア産天然ガスの供給不足が続いていること、およびUniperがドイツのエネルギー供給においてシステムクリティカルな役割を果たしていることを背景に、Uniperの財務を安定化させる措置のパッケージに合意した。今回の措置パッケージは、Uniperを保護し、現在のガス供給不足によりUniperが被っている損失の解決策を提供するものだ。また、合意された措置は、Uniperの信用格付けを投資適格レベルに維持することを目的としている。

合意された措置は、以下の3つの柱に基づいている。

  1. ロシア産天然ガスの供給不足と価格高騰による継続的な財務的損失を抑制し、事業運営を保護する。
  2. 流動性の確保 流動性の確保
  3. 投資適格格付を維持し、財務の安定性を確保する。

本安定化措置は、エネルギー憲章条約(ECT)に関連するUniperのオランダに対する訴訟の取り下げ、規制当局(特にEU委員会)からの承認、S&Pグローバル・レーティングスによるUniperの投資適格格付けの確認を特に条件としている。

【参照ページ】
(原文)Agreement on stabilization measures reached – Uniper safeguarded as a system-critical energy supplier
(日本語訳)ドイツ、システムクリティカルなエネルギー供給元としてUniperを保護

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る