ドイツ、システムクリティカルなエネルギー供給元としてUniperを保護

7月22日、ドイツ連邦政府は、ロシア産天然ガスの供給不足が続いていること、およびUniperがドイツのエネルギー供給においてシステムクリティカルな役割を果たしていることを背景に、Uniperの財務を安定化させる措置のパッケージに合意した。今回の措置パッケージは、Uniperを保護し、現在のガス供給不足によりUniperが被っている損失の解決策を提供するものだ。また、合意された措置は、Uniperの信用格付けを投資適格レベルに維持することを目的としている。

合意された措置は、以下の3つの柱に基づいている。

  1. ロシア産天然ガスの供給不足と価格高騰による継続的な財務的損失を抑制し、事業運営を保護する。
  2. 流動性の確保 流動性の確保
  3. 投資適格格付を維持し、財務の安定性を確保する。

本安定化措置は、エネルギー憲章条約(ECT)に関連するUniperのオランダに対する訴訟の取り下げ、規制当局(特にEU委員会)からの承認、S&Pグローバル・レーティングスによるUniperの投資適格格付けの確認を特に条件としている。

【参照ページ】
(原文)Agreement on stabilization measures reached – Uniper safeguarded as a system-critical energy supplier
(日本語訳)ドイツ、システムクリティカルなエネルギー供給元としてUniperを保護

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る