MGM Resorts、100メガワットの太陽電池を導入し、ラスベガスのリゾート地に再生可能エネルギーを提供

MGM

世界的なホスピタリティ&エンタテインメント企業であるMGM Resorts社は、本日、100メガワットの太陽光発電システムの導入を発表した。これにより、Bellagio、ARIA、Mandalay Bay、MGM Grand、The Mirage.などラスベガス・ストリップにある客室数36,000室以上、建物面積6,500万平方フィートの13のラスベガス・リゾートにおいて、日中の電力の最大90%を供給することが可能になる。


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る