【9月26日(月)】 AndTech WEBオンライン「高分子材料の基礎と車載部品応用の最新動向~脱炭素政策により普及が進む電気自動車への応用~」

2022-9-2

イベント概要

世界的にサーキュラ―エコノミーへの転換が進められ、カーボンニュートラルに向けた目標が各地域で掲げられている。電気自動車の導入はこれらカーボンニュートラル政策の中核に据えられ、今後グリーンイノベーション基金と呼ばれる膨大な研究資金の投入を背景に、開発の加速、普及の拡大が予想されている。
高分子材料は、軽量化、絶縁性、放熱性、などの機能を活かした電気自動車の性能向上への貢献が期待され、様々な開発がなされている。
また昨今のプラスチック環境問題の観点から、自動車に使用されるプラスチックにおいても環境に配慮し、製造・使用から廃棄・回収に至るまで、様々な要求を満たす必要に迫られている。
本講演では、高分子材料の基本的な分類と特性を解説し、さらに最新応用技術、特に電気自動車の電力変換器に用いられている高分子材料の開発状況について概説する。
さらに環境対応に関して、カーボンニュートラルに向けたプラスチックの課題に対し、リサイクルプラスチックや、バイオプラスチックなどの環境配慮材料の基礎と開発最新状況および、自動車分野への応用等について解説する。

【講演のポイント】
高分子材料の基礎および、サーキュラーエコノミ(CE)・カーボンニュートラル(CN)の世界的動向の中での高分子材料・プラスチックの課題をまとめて概説する。各地域でのCE・CN戦略により加速する電気自動車(EV)の普及状況および、EVの高性能化に貢献する高機能高分子材料の材料技術を解説する。高分子材料の低炭素化に向けた、最新のバイオプラスチック材料およびリサイクル技術を紹介する。

【プログラム】

  1. 高分子材料の分類と基本特性
    2)高分子材料の分類
    3)基本的な特性
    4)高機能化技術と事故事例・劣化特性評価
  2. 脱炭素化政策
    1)サーキュラーエコノミープラン
    2)各国の脱炭素政策の動向と電気自動車の位置づけ
  3. 自動車の電動化にかかわる市場・開発動向
    1)地域ごとのEV市場
    2)インバータおよびパワーモジュール市場
    3)EV用インバータの開発動向
    5)パワーモジュールの構造および開発動向
  4. パワーモジュールの高性能化と高分子材料技術
    1)実装技術と課題
    2)高分子材料による高性能化技術
  5. カーボンニュートラルに向けたプラスチック動向
    1)プラスチック問題と課題
    2)リサイクル技術
    3)バイオプラスチックの開発動向

イベント詳細

◆開催日時
2022年09月26日(月) 13:30~17:30

◆会場
オンライン(WEBセミナー)

◆参加費
【1名の場合】39,600円(税込、資料作成費用を含む) 2名以上は一人につき、11,000円が加算されます。

■詳細は以下リンクより

高分子材料の基礎と車載部品応用の最新動向 ~脱炭素政策により普及が進む電気自動車への応用~ | 株式会社AndTech

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る