1月26日(水曜日) オンラインセミナー「地域脱炭素の動向と「かながわ脱炭素ビジョン2050」~今からできること、私たちのアクション~」

2021-12-21

イベント概要

「2050年脱炭素社会の実現」には、社会の仕組みを大きく変えることに加えて、一人ひとりのライフスタイルの転換が重要です。そのため、本年11月、県と公益財団法人地球環境戦略研究機関は、共同で脱炭素社会の将来像や具体的な行動例などを紹介した「かながわ脱炭素ビジョン2050」を作成しました。セミナーでは、このビジョンを中心に、欧州の都市や県内での取組などを紹介しながら、私たちが、脱炭素社会の実現に向けて、今からできることは何かを考えていきます。

イベント詳細

■日時

令和4年1月26日(水曜日)17時00分から20時00分まで

■主催

神奈川県、公益財団法人地球環境戦略研究機関
■内容

第1部 ゼロカーボン都市をめぐる国際動向と欧州の事例 17:00〜18:20

第2部 「かながわ脱炭素ビジョン2050] 18:30〜20:00

■参加方法

オンライン開催(事前申込み)

令和4年1月19日(水曜日)までに県ホームページの申込みフォームに必要事項を入力の上、お申し込みください。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ap4/evt/20220126seminar.htmlQRコード

(セミナーに参加するための情報につきましては、お申込みの際、入力いただいた電子メールアドレスまでお送りします。)

■参加費
無料

■開催日時や会場は以下リンクより

地域脱炭素の動向と「かながわ脱炭素ビジョン2050」~今からできること、私たちのアクション~(PDF:526KB)

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 北米の大手銀行、共同で気候変動リスク管理基準を策定

    2022-1-18

    北米の主要大手銀行19行、コンソーシアムを立ち上げ気候変動リスク管理基準を策定

    1月12日、Bank of America、Wells Fargo、Royal Bank of C…
  2. Carlyle、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ1億ドル超の投資を発表

    2022-1-18

    カーライル、クリーンエネルギー貯蔵とEVインフラ技術企業へ114億円超の投資を発表

    1月14日、グローバルな民間資本投資会社であるCarlyleグループは、コミュニティ規模のクリーン…
  3. bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    2022-1-18

    bpとオマーン、「世界最高水準」の再生可能エネルギーとグリーン水素の開発を計画

    1月17日、エネルギー大手bpはオマーンのエネルギー鉱物資源省と新たなパートナーシップを結び、20…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る