【7月14日(木)】ESGセミナー: 初めての第三者保証にどう取り組むか

2022-6-13

イベント概要

ESG投資の流れを受けて、国際的にビジネスを行う企業にとって、気候変動や人権問題などサステナビリティへの取り組みとその情報開示が求められています。日本においても本年4月の市場区分および上場基準の変更に伴い、ESGに関する情報開示が更に求められるようになって来ました。

ESG情報に対しては法的な監査義務はありませんが、投資家や取引先は開示された情報の信頼性や比較可能性を重要視しています。そのため、自主的に第三者機関からの保証を取得する企業が増えて来ています。

そのような中、初めて第三者保証を検討されるにあたって、ESG情報の保証を受けるにはどのくらいの手間や費用が掛かるのか、自社の現状で保証を受けることが可能なのか、といった不安の声を聞くことが少なくありません。

このセミナーでは、これから第三者保証の取得を目指される企業様を対象に、ESG情報に関する検証はどのように行われるか、初めての検証に際してどのような準備が必要かを解説します。

イベント詳細

◆開催日時

2022年7月14日(木) 14:00~15:00

◆参加費
無料

◆会場

オンライン開催(GoToWebinar プラットフォーム)

◆申込み

下記リンクより事前参加登録
https://www.lrqa.com/ja-jp/events/esg-webinar-july2022/?utm_source=SustainableJapan&utm_medium=referral&utm_campaign=YKA-JP-BA-21/22-Sustainability-ESG-webinar-July

■詳細は以下リンクより

ESGセミナー: 初めての第三者保証にどう取り組むか(参加無料・要事前登録)

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-6-27

    ECIU、世界の大企業のネット・ゼロ目標の誓約に疑問を投げかける報告書を発表

    6月13日、英シンクタンクEnergy and Climate Intelligence Unit…
  2. 2022-6-27

    企業サステナビリティ報告指令、理事会と欧州議会の暫定的な政治的合意

    6月21日、欧州理事会と欧州議会は企業サステナビリティ報告指令(CSRD)に関する暫定的な政治合意…
  3. 2022-6-27

    国交省、気候変動をテーマにした2022年度国土交通白書を公表

    6月21日、国土交通省は2022年度版の国土交通白書を公表した。今年は気候変動をテーマとしている。…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る