【11/28 オフライン開催】ESG Summit 2022 ~イノベーションによるESGの新潮流~

 

このたび、オフラインイベント「ESG Summit 2022~イノベーションによるESGの新潮流~」を開催いたします。

本イベントでは、”イノベーションによるESGの加速”を主要テーマとし、昨今のESG経営や投資の潮流を踏まえたコンテンツを予定しております。とくに最近注目度の高い4つのトピックスにおいて各分野を代表するご登壇者様による刺激的で学びの深いセッションを企画しているほか、多様なバックグラウンドを持ったご参加者様同士のネットワーキング機会もご提供する予定です。

皆様の参加を心よりお待ちしております。

お申し込みはこちら


イベント詳細

日時:11月28日(月)13:00~18:30 12:30開場
形式:オフライン開催
会場:日本橋三井ホール(会場のアクセスページはこちら)
参加費:無料
主催:株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

12:30 開場

13:00~13:10 開会のご挨拶

13:10~13:50 基調講演『カーボンニュートラル時代を生き抜く日本の競争戦略』

経済産業省 環境経済室長 梶川 文博 氏

14:05~14:55 パネルディスカッション①「気候変動の次のアジェンダ『生物多様性』」

東京大学FoundX ディレクター 馬田 隆明 氏
株式会社ブリヂストン G環境戦略推進部 部長 中島 勇介 氏
株式会社バイオーム 代表取締役CEO 藤木 庄五郎 氏

15:10~16:00 パネルディスカッション②「ベンチャー企業にESG経営は必要か」

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ パートナー兼チーフ・サステナビリティ・オフィサー 河合 将文
JPインベストメント株式会社 Executive Director 飯田 彦二郎 氏
株式会社メルカリ 山下 真智子 氏

16:15~17:05 パネルディスカッション③「循環型経済のエコシステム形成」

株式会社インフォバーン 代表取締役会長・CVO(チーフ・ビジョナリー・オフィサー) 小林 弘人 氏
株式会社TSIホールディングス サスティナブルバリュー部 SDGs推進室長 兼 広報・IR室長 山田 耕平 氏
株式会社会社フードリボン 代表取締役社長 宇田 悦子 氏

17:05~17:15 閉会挨拶

17:30~18:30 立食/ネットワーキング

お申し込みはこちら

登壇者プロフィール

基調講演 【カーボンニュートラル時代を生き抜く日本の競争戦略】

梶川 文博 氏

経済産業省 環境経済室長

2002年、経済産業省に入省。中小企業金融、IT政策、デザイン政策、経済成長戦略の策定、産業競争力強化のための人材育成・雇用政策、省内の人事企画・組織開発、ヘルスケア産業育成、マクロ経済の調査分析等を経て、現職。

パネルディスカッション①「気候変動の次のアジェンダ『生物多様性』」

馬田 隆明 氏

東京大学FoundX ディレクター

University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトを経て、2016年から東京大学。東京大学では本郷テックガレージの立ち上げと運営を行い、2019年からFoundXディレクターとしてスタートアップの支援とアントレプレナーシップ教育に従事する。スタートアップ向けのスライド、ブログなどで情報提供を行っている。著書に『逆説のスタートアップ思考』『成功する起業家は居場所を選ぶ』『未来を実装する』。

中島 勇介 氏

株式会社ブリヂストン G環境戦略推進部 部長

2006年にブリヂストンに入社、CO2削減、サーキュラーエコノミー、生物多様性/自然資本を含むブリヂストングループの環境戦略、環境長期目標・中期目標の策定、目標達成に向けたグローバルでの活動推進、産学民連携プロジェクトの立ち上げ・推進等に従事。2021年より現職。

藤木 庄五郎 氏

株式会社バイオーム 代表取締役CEO

2017年京都大学大学院博士号(農学)取得。在学中、ボルネオ島の熱帯ジャングルにて2年以上キャンプ生活をする中で、環境保全を事業化することを決意。博士号取得後、株式会社バイオームを設立。世界中の生物の情報をビッグデータ化する事業に取り組む。いきもの図鑑アプリ「Biome」を開発・運営。未来を創る35歳未満のイノベーター「Innovators Under 35 Japan 2021」に選出。環境省「2030生物多様性枠組実現日本会議行動変容WG」 専門委員。

パネルディスカッション②「ベンチャー企業にESG経営は必要か」

河合 将文

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
パートナー兼チーフ・サステナビリティ・オフィサー

2000年に農林中央金庫に入社、企業買収ファイナンスや証券化商品等のオルタナティブ投資に従事。2011年に日本政策投資銀行に入行、銀行ALMやアセットマネジメント業務を経て、2017年よりDBJキャピタルにて国内ベンチャー投資及び国内外VCファンドへのLP投資に従事、2021年より同社の取締役投資部長として、投資戦略の策定等を担う。2021年9月より株式会社ジェネシア・ベンチャーズに参画。

飯田 彦二郎 氏

JPインベストメント株式会社 Executive Director

2022年8月よりJPインベストメントへ入社し、PE/VCのビジネス企画、商品開発、ESG推進等を担当。上記以前は、日本生命グループ(ニッセイアセットマネジメント及び日本生命の米国運用子会社)にてPE及びVCファンド運用に従事。北米、欧州、アジア、日本のPE/VCファンド及び共同投資機会のデューデリジェンス、機関投資家向けPE商品提案及び商品開発等を主導。

山下 真智子 氏

株式会社メルカリ

2015年株式会社メルカリにインターナルコミュニケーション担当として入社し、オフィス拡張、福利厚生や持株会制度の導入などを担当。2017年からCulture&Communications Teamマネージャーとして従事。その後2度の育休を経て2021年5月にサステナビリティチームへ異動。ESG委員会立ち上げ、GHG算出や教育プログラムのリードなど幅広く担当。

パネルディスカッション③「循環型経済のエコシステム形成」

小林 弘人 氏

株式会社インフォバーン 代表取締役会長・CVO(チーフ・ビジョナリー・オフィサー)

1994年、『ワイアード・ジャパン』創刊、編集長を努める。1998年、株式会社インフォバーンを創業。「ギズモード・ジャパン」を立ち上げ、日本におけるウェブ出版の領域を拓く。企業のオウンドメディアとコンテンツマーケティングの先駆として活躍。BBT大学ITソリューション学科教授 。長野県ITバレー構想アンバサダー。ドイツ・ベルリン市の国際テックカンファレンス「TOA」日本公式パートナー。地方自治体と企業を繋ぎ、サーキュラーエコノミーを推進する『GREEN SHIFT』主宰。近著『AFTER GAFA 分散化する世界の未来地図』。監修・解説書に『フリー』『シェア』ほか多数。

山田 耕平 氏

株式会社TSIホールディングス サスティナブルバリュー部 SDGs推進室長 兼 広報・IR室長

2002年、㈱サンエー・インターナショナル(現 ㈱TSIホールディングス)に入社。2003年から企業広報、2009年からIR業務に従事する。現在はTSIホールディングスの広報室の責任者として企業広報、IRセクションの業務を担当すると共に、2021年9月に設置されたSDGs推進室の室長として、サステナビリティ計画の立案と実行に携わる。

宇田 悦子 氏

株式会社会社フードリボン 代表取締役社長

2017年フードリボンを創業。2019年からパイナップルの葉の繊維素材開発をスタートした。大宜味村のおばあから教えてもらった島言葉「かふうあらしみそーれ とぅくとぅみそーれ」を原点に、捨てられていた資源を生産者に還元できる素材に生まれ変わらせ、消費後は自然に循環できる仕組みを、多彩な協力者と共に構築している。沖縄を拠点にアジアと連携し、社会課題解決につながる事業の拡大を目指す。

イベント概要

日時:11月28日(月)13:00~18:30 12:30開場
形式:オフライン開催
会場:日本橋三井ホール(会場のアクセスページはこちら)
参加費:無料
主催:株式会社ジェネシア・ベンチャーズ

お申し込みはこちら

よくある質問

受付には何が必要ですか?:お申込みの確認ができるメール画面と、名刺2枚をご用意ください。

車での参加は可能ですか?:会場となる日本橋三井ホールには駐車場はございません。COREDO室町2地下にある「COREDO室町駐車場」をご利用ください。なお、駐車場代は来場者様負担となります。

【参照ページ】
【11/28 オフライン開催】ESG Summit 2022 ~イノベーションによるESGの新潮流~

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る