「空の脱炭素」に向け、次世代航空機技術の安全基準づくり

「空の脱炭素」に向け、次世代航空機技術の安全基準づくり

国土交通省は水素燃料の活用や電動化など脱炭素に寄与する次世代航空機技術の安全基準を策定する。23年度以降に安全基準を策定し、日本の基準を国際標準にするべく国際機関に採択を働きかける。
有識者会議で次世代技術についての実用化の見込みを精査し、22年度末までに対象技術や基準作りの手法をまとめる。23―25年度にかけて安全基準をつくり、国際標準化を目指す。

航空機運航時の二酸化炭素(CO2)排出削減が求められる中、実用化が期待される環境技術にはハイブリッド水素航空機や水素供給システム、高出力のモーター、電動アクチュエーターなどがある。また、炭素繊維複合材の構造部材への活用やセラミックス複合材によるエンジン軽量化なども想定される。

【参照ページ】「空の脱炭素」日本主導へ、官民で次世代航空機技術の安全基準づくり

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-1-19

    Commerz VenturesやCiti Ventures、消費者向けカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーに出資

    1月17日、ストックホルムに拠点を置くカーボンフットプリント追跡ソリューションプロバイダーのDoc…
  2. 2022-1-19

    非営利団体Bonsucro、サトウキビの生産基準認証を改訂。生物多様性などグローバルリスクに対応

    1月17日、持続可能なサトウキビの促進を目指す国際的な非営利団体であるBonsucroは、サトウキ…
  3. 2022-1-19

    滋賀県、地方公共団体初のサステナビリティ・リンク・ボンドを発行。排出量削減の目標未達で金利以外の罰則規定も

    1月18日、滋賀県は二酸化炭素排出削減の目標達成を投資家に約束する「サステナビリティ・リンク・ボン…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る